Hatena::Grouphugkyoiku

toguoの教育日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-18

はてなに慣れさせていくプロセス

08:25 | はてなに慣れさせていくプロセス - toguoの教育日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - はてなに慣れさせていくプロセス - toguoの教育日記 はてなに慣れさせていくプロセス - toguoの教育日記 のブックマークコメント

toguoです。

10名のうち、8名は以前の僕の授業で「はてな」のユーザ登録を済ませていたのですが、2名は、はてなを使うのが初めてで「ユーザ登録をして、はてなidを知らせてください」と伝えてあるのですが、まだ連絡がありません。

中西洋一(gintacat)の日記 - HUG教育部会

僕の場合も周りにいるスタッフで、既にはてなIDを持っている人がいなくて、ゼロから説明をするのがとても大変で時間もかかったし、仕事で使う目的なのでコスト(人件費)がかかりました。

皆さんはどれ位の手間や時間をかけてはてなを最低限使える所まで指導されましたか?

皆さんの事例も伺えればと思います。

僕の職場は今いるスタッフは、部署内ではてなを使い始めた第一世代になるので、今後新しいスタッフが入ってきた場合は、この世代にはてなを使い始めたユーザーがいる形になるので、学習していく時間やコストは短くなると思うのですが、学校の場合は毎年生徒さんが代わり、改めて説明を行う必要が出てくると思うので大変だと思います。

はてなはそこら辺のサポートとか考えてたり、実際に非公式で資料等を差し上げたりしているのでしょうか?→id:kiyohero

ここで言っているコストをある程度軽減出来るというのが、条件反射的に感じる事が出来る資料を用意しないと、より大きな規模で教育現場で活用していくのは難しいのではないでしょうか。

築地達郎築地達郎2009/04/19 14:35築地@龍大です。体験談の共有化、大賛成です。
私の方は、GoogleGroupsでの事例ということになり申し訳ないのですが、日記で報告いたします。

gintacatgintacat2009/04/19 21:00僕は「習うより慣れろ」でやってもらってますが、・時間がかかること、と、・習得に個人差ができること、が問題ですね。やはり指導は必要だと思っています。

トラックバック - http://hugkyoiku.g.hatena.ne.jp/toguo/20090418