Hatena::Grouphugkyoiku

toguoの教育日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-02

Webを積極的に使う事による「得」について

21:10 | Webを積極的に使う事による「得」について - toguoの教育日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Webを積極的に使う事による「得」について - toguoの教育日記 Webを積極的に使う事による「得」について - toguoの教育日記 のブックマークコメント

築地です。コメントありがとうございます。

私の学科では、経験上、Webを積極的に使う学生は半数弱です。残りはケータイメールとWikipedia止まりです。

何か「得」があれば、使うんでしょうか。

築地@HUG教育部会 - HUG教育部会

これは僕自身の実体験で話をした事があります。

このエントリーはただ無意識に、「インターネットに出せば誰かの参考になるかもしれない」と思ってというのと、こういうまとめを書くスキルをもっと身につけてみたいと思って書いたもので、別に誰からも見られなくても良いと思って書いた事が、結果300人以上の方にブックマークされた事は衝撃でした。

そこで「参考になった」「ここは僕ならこうだ」「これは何の意味がある?」などのコメントをいただいた事が、一つの情報に様々な視点や見解があるという事も学習する事が出来ました。

今はそこでいただいた意見などを参考に情報をアップデートすることが出来て、僕にとっては「得」になりました。

自分の仕事として職場でスタッフにこういった情報を伝える事について、もっと「得」を具体的・利己的にまとめるとすれば、

  • 教育時間の短縮
    • 自分の作業に集中できる時間の確保
  • スキルアップ
    • チームの力の底上げに繋がり、最終的にそこで生み出される成果が評価され、全員(自分)の報酬に繋がる

になったのだと思います。

「得」という点については、学生さんの立場で最初から「報酬」にとは考えては欲しくはないですねw

むしろ

  • 将来的な報酬に繋がる土台作りのため
  • 人の役に立つ
  • 自分のためになる

として、僕が体験したような事例を学生の皆さんに見せてあげる・体験させてあげる事が、インターネットにある便利なツールを少しでも使おうと彼らが考えるきっかけになるのではないでしょうか。

僕が職場で意識している事(実践できているかどうかは解りませんが)は、短期的には「人のため」「自分のため」を意識し、それが最終的に「物」「報酬」「役職」などに繋がると考えてもらうようにしているつもりです。

ちょっと今回の点である「得を伝える」については、昔アップルにいたガイカワサキのような「エバンジェリスト」のような存在が必要なのではと昨日考えていました。

そして「はてなエバンジェリスト」というキーワードも思いついていたりして、id:kiyoheroさんに見てもらいたいと思い考えをまとめているので、それはダイアリーのほうで紹介させていただく予定です。

自分のメリットになると説明する

06:57 | 自分のメリットになると説明する - toguoの教育日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分のメリットになると説明する - toguoの教育日記 自分のメリットになると説明する - toguoの教育日記 のブックマークコメント

「結局限定的なメンバーにしか使わせることができず」というのは、限定的なメンバーしかウェブを利用する習慣がなかった、ということでしょうか。難しいですね。ウェブに親しんでいる人に新しいウェブサービスを提案するのは比較的たやすいのですが、そもそもウェブを使わない人に、ウェブサービスを使ってもらうのは難しいです。何か良い方法はないものでしょうかね・・

築地@HUG教育部会 - HUG教育部会

普段日常的にはてなのようなサービスを利用していないスタッフには、業務日報をブログで書かせる事により慣れさせていくようにしたのは一つ前のエントリーで書かせていただきましたが、もう一つ「書かなくてもよいささいな事」と思って書いていない情報を出来るだけアウトプットして貰うように以下のような形でスタッフに伝えた事があります。

アウトプットする

この「アウトプットする」は以前ブログにも書きましたが、再度まとめると

  • インプットした事をアウトプット出来る人になろう
  • 自分のインプット・アウトプットが、他人のインプットのきっかけになる
  • インプット出来ない人がアウトプットする事はできない

だったと思います。

GTDを実践出来るようになったり自分が興味のある分野が出来れば、一つ一つの事柄に集中出来るようになり自然と学習効率も上がってきます。

それで自分の能力が上がる事はとても良い事ですが、その成果を自分の中で整理する・長期記憶するためにも、ブログや仕事にアウトプットして、他の人のインプットのきっかけになるようにしていきましょう。

全員がこの行動をとる事によって素晴らしいスパイラルが生まれるはずです。

あと誰かがアウトプットした情報を見て少しでも役に立ったと思ったのであれば、その意思を表明してあげてください。

意思を表明するためにはてなグループでは

が用意されているので、簡単に自分の意志や感謝を伝える事が出来ます。

人に役立つ事が出来たという気持ちは、モチーベーションのアップに繋がり、さらに良い情報を発信したり良い仕事に繋がっていきます。

自分が持っている情報を出来るだけ公開する事が、最終的に自分にメリットがあるというイメージで取り組んでみてください。

自分のメリットに繋がるという事について、このエントリー以外にも常に口頭で伝えたりしていました。

効果は言う前よりは様々な情報がグループ内に配信されるようになりました。

しかしまだ知識の無いスタッフが、「自分の持っている知識を公開した所でほかの人が役に立つような事ではないだろう」と思っている部分がまだ強く、仮にそれが事実だとしても「私は今この件についてこのような知識を持っている」と表明する事が、知識を持っている人からアドバイスを受けるきっかけになったり、チームメンバーがそれぞれ今どうゆう状況なのかを共有する事になって、それがとても自分にもメリットになるしチーム力の向上に繋がると話をしているのですが、まだこの部分にある壁を本人が乗り越える事には繋がっていないのが現状です。

ハードルを下げる、なるべく早く日常化させてあげる

06:33 | ハードルを下げる、なるべく早く日常化させてあげる - toguoの教育日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ハードルを下げる、なるべく早く日常化させてあげる - toguoの教育日記 ハードルを下げる、なるべく早く日常化させてあげる - toguoの教育日記 のブックマークコメント

はじめて、ユーザ登録をしてもらうのって、けっこうハードルが高いですね。なんとかユーザ登録をして、グループに参加してもらっても、毎日ウェブに接触する習慣がなかったりすると困るなぁ・・

中西洋一(gintacat)の日記 - HUG教育部会

スタッフの中には、はてなのようなWebサービスを日常的に使っていないスタッフもいました。なのでチーム内ではてなグループを使う時は、基本的な操作を教えてあげると同時に、業務日報を各自のブログで書かせるという形にして、毎日1回は確実にはてなグループを使わせる形にしました。

今は使い始めて半年以上になりますが、全てのスタッフがグループを使いこなせるようになりましたし、新しいスタッフが入ってきても周りのスタッフが使いこなせるようになった環境なので、覚えも早く大体1月もあれば慣れてくれました。

はじめまして!!

06:21 | はじめまして!! - toguoの教育日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - はじめまして!! - toguoの教育日記 はじめまして!! - toguoの教育日記 のブックマークコメント

toguoと申します。

某企業でWebサイトを作っています。

現在職場のチームではてなグループを使用していて、はてなグループをチーム内の情報共有やスキルの補完を効率よく行うためのツールとして活用していて、はてなのツールがスタッフの教育にどのように役立たせる事が出来るのか、教育現場に直接関係の無い立場ではありますが非常に興味があります。

どうぞよろしくお願い致します。

tatsuottatsuot2009/04/02 10:03toguoさん、築地@龍大です。
貴重なご体験に基づく情報、ありがとうございます。
読ませていただいて、逆に痛感したのですが、大学で教育目的に使う場合の大きなハードルは、「ものごとが日次で進捗するわけではない」ということのような気がしてきました。
卒業研究の段階になるとさすがに日次になってきますが、それまでは基本的に週次ですし、学生の側からみるとたくさん受けている授業のうちのOne of Themに過ぎないわけです。また、授業期間の3ヶ月(1セメスター)を終えると、関係がとぎれがちです。
すなわち、「誰に報告するか」が常に流動的なんですね。
だからこそ、自発的に「社会に対して報告する」というマインドを持たせる必要がありそうです。

JasonzitJasonzit2017/01/25 04:24печать фирменных папок http://wkrolik.com.ua/products/papki

トラックバック - http://hugkyoiku.g.hatena.ne.jp/toguo/20090402